御来光館 富士登山の準備

富士登山の準備

快適な登山には準備が大切です

富士登山をする多くの登山者は昼から登山をスタートします。 山小屋で宿泊後、夜明け前から山頂を目指して再び登山を始めます。
日中は、日差しがとても強く、また照りつける太陽が厳しいので帽子やサングラス、日焼け止めなどを用意しましょう。 また夜間は夏とはいえ頂上付近は5℃~0℃、日によっては氷点下になることもあります。
麓と山頂の気温差は約20℃。防寒着や装備を必ず準備して登山に望んでください。

富士山頂

気温と服装

富士登山に必要な装備

フリース

雨具

帽子・サングラス・ヘッドライト

手袋・ハイカットの靴

ザック

水筒

酸素・カメラ

30リットル程度のザック・ザックカバー・登山靴(ハイカットの靴が望ましいです)・厚手の靴下・ 雨具(上下セパレートタイプ)・防寒着(フリース)・機能性サポートタイツ・手袋グローブ・吸収性にすぐれたシャツ・ 帽子・サングラス・ヘッドライト・ゲーター・ネックウォーマー・時計・サプリメント・ 水筒(2リットル程度)・行動食・酸素・デジカメ・保険証・現金・その他

富士登山の心得

身支度と持ち物のご案内

長袖と長ズボンが基本です。
基本の服装は長袖シャツ、長ズボンがおすすめです。
暑くなったら半袖のTシャツになったりします。また寒い場合はフリースなど重ね着します。 気温に合わせて着たり脱いだりし調整します。 風が強い場合などは雨具を着て、風を防ぎます。 またズボンの下には機能性のサポートタイツなどがあると、疲労の軽減につながり、おすすめです。
レインウェア(セパレートタイプ)
登山にはレインウェアは必須です。天気予報が晴れでも必ず準備してください。
富士山の天気は変わりやすいので雨の備えは大切です。
またウィンドブレーカーとしても使用できます。雨に濡れたり風にさらされての体温の低下は登山の体力を奪います。
ポンチョタイプですと風の影響を受けやすいので、セパレートタイプのレインウェアを準備してください。
傘は強風で飛ばされる危険性があり、片手がふさがり安定が悪くなりますのでやめましょう。
(岩場などでは手を使う場面もありますの。)
フリースなどの防寒着
フリースは、保湿性が高く、濡れてもすぐ乾くので登山向きです。 またセーターに比べて軽量ですのでおすすめです。
ザックに入れてもそれほど重さは気になりません。
着替え用下着・Tシャツ・靴下
汗をかいたり、また急な雨にぬれる心配もあります。 着替えのTシャツやパンツ、靴下などを準備します。
速乾性の素材のTシャツがあると便利です。
帽子
標高が高く、日差しがとても強いです。日射病や頭の保護のためにも帽子が必要です。
また、夜は寒いので毛糸の帽子やニット帽などもあると防寒対策になります。
スキーやスケートで使用する毛糸の帽子で結構です。
強風から飛ばされないようにハットクリップなどつけておくと安心ですね。
最近はUVカット素材のカラフルな帽子などもあります。
手袋・グローブや軍手
思わぬ転倒や切り傷の予防のため、手袋が必要です。
岩場やクサリ場、ロープ場などは手を使って登る部分がありますので必需品です。
軍手でもよいのですが、雨の場合濡れてしまうのでできれば防水の手袋がおすすめです。
ザック(30L程度)・ザックカバー
ザックは、必要なものを入れるために必ず準備します。急な雨に備えてザックカバーもあると安心です。
装備品や着替え、行動食を入れますので30L程度の容量が必要です。デイパックでもOKです。 また体に合ったザックを選びます。お近くの登山用品店やアウトドアショップで相談すると最適なものが見つかります。 背負った状態でベルトを締め、体に密着させます。 縦長のザックがおすすめです。
ザックの下は軽いものを入れ、中から上部に重いものを入れます。(重心を上に。)すると、背負いやすく安定します。
よく使うものやすぐに取り出したいものは上に入れます。
各ベルトを締めます。ウエストベルトはおなかではなく腰骨で締まるようにします。 体にフィットするように締めると負担の軽減になります。 濡れて困るものはビニール袋に入れます。
また用途別に袋に分けると必要なものだけ取り出すことができ便利です。
サングラスやマスク
紫外線対策としてUVカットされているサングラスは日差しから目を守ります。
砂埃が舞いますので、目を守ったり、マスクをすることで口、鼻から侵入を防ぎます。
ヘッドライト
夜の登山にはヘッドライトは必需品です。
夜の登山で登山道を照らしたり手元を見たりとヘッドライトを用意します。
最近は軽く、明るく、防水タイプもあります。
登山靴
登山は足元から。できればハイカットやミドルカットの登山靴、トレッキングシューズを用意します。
運動靴などでも大丈夫ですが、ソールが薄かったり、防水性などを考えると登山靴(トレッキングシューズ)がおすすめです。 新品のまま登山するのではなく、履きならしてから登山をしてください。
また登山靴と合わせて厚手のソックスも負担の軽減になります。
スパッツ(ゲーター)
雨の際、靴の中に雨の侵入を防いでくれます。
また下山の際は砂利の中を歩きます。その際砂利などの侵入も防ぎます。快適に歩くことができます。
水筒
水分補給として水を持参します。
登山道と比べ下山道には山小屋はあまりありません。 下山の際の給水にも使用しますのでぜひ準備してください。
ペットボトルと併用してもいいですね。
その他
ビニール袋(濡れたものなどを入れられたり、ごみ袋としても)・ ペン・メモ用紙・タオル・ハンカチ・バンダナ・ティッシュ・ウェットティッシュ・ 時計・携帯電話・携帯電話用モバイルバッテリー・デジカメ・ 日焼け止め・携帯酸素・ファーストエイドキット・常備薬・保険証など
※アイゼンは頂上までの登山では基本的に必要ありません。

ページの先頭へ